香港ポスト ロゴ
Google:
  サイト内 google
  ホーム
  読者の広場
  クラシファイド
  配布先一覧
  バックナンバー
   
 
 
 
 
最新号の内容 -20170317   No:4147
バックナンバー

キャセイ8年ぶり赤字、燃料ヘッジ失敗響く

 業績の悪化が伝えられていたキャセイパシフィック航空(国泰航空)だが、2016年度の業績発表で赤字決算となったことがわかった。3月16日付香港各紙によると、赤字額は5億7500万ドル。通年で赤字決算となったのは金融危機の08年以来で8年ぶりだという。赤字の主な原因は燃料ヘッジ(先物取引)による損失が大きく響いたことで、16年は84億5600万ドルものコスト増となった。また旅客収入が669億ドルと前年度比で8.4%も減少したのも大きい。法人客がメインのファーストやビジネスクラスが2ケタ台で落ち込み、搭乗率も50%にも満たない状態が続いており、エコノミーがほぼ満席の90%以上をキープしているのと対照的だ。業績の不振を受け、同社ではコスト削減を主眼に置いた経営建て直しのための3カ年計画を発表したが、人員削減や給与カットなどのリストラ案に関してはいまだ肯定も否定もしていない。【関連記事】http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=16630