香港ポスト ロゴ
Google:
  サイト内 google
  ホーム
  読者の広場
  クラシファイド
  配布先一覧
  バックナンバー
   
 
 
 
 
最新号の内容 -20120615 No:1360
バックナンバー

砕身するリーダーたち。彼らはどんな思いを抱き何に注目して事業を展開しているのか。さまざまな分野で活躍する企業・機関のトップに登場していただき、お話を伺います。 (インタビュー・楢橋里彩)

ストライダー香港初の代理店

SUU International (Hong Kong)Co.,Limited
Managing Director  出澤理津子さん
【プロフィール】
1971年愛知県生まれ。89年、オゾンコミュニティに入社。ショップマネジャーを経て96年に独立。同年に有限会社ハナを設立しビーズ、アクセサリー、雑貨の販売を始め、2000年に香港でOcean-Legend(Hong Kong)Limitedを設立。11年にSUU International (Hong Kong)Co., Limited 設立し現在に至る。

——ストライダーとはどんな乗り物ですか。

 2007年に米国で生まれたペダル無しの子供用自転車です。主に2〜5歳の子供向けで、足を地面でけって進むタイプです。慣れるのに多少時間がかかりますが自然にバランス感覚を養えて補助輪なしで自転車に乗れるようになるんです。昨年、全世界で25万台、日本では10万台売れました。香港でも広げようと昨年11月に代理店を始めました。
 
——ヒット要因は何ですか。

 子供が簡単に持ち運びできるよう軽量設計、カラフルでかわいい。乗ることを楽しくさせます。今、日本ではストライダーカップ(レース)も盛んで、それに向けた練習で自然に親子の時間が増えたというのも要因の一つのようです。
 
——代理店を始めたのはなぜ?

 子供が2歳すぎたころ、友人からストライダーに乗ると自転車に早く乗れるようになると聞いたのが始まりでした。でもいざ香港で購入しようと思ったら肝心の代理店がない。だったら私が始めればいいと。
 
——素晴らしいフットワークの軽さですね。

 思い立ったら動かないと気がすまない性質なんです。新しくビジネスを立ち上げるときは自信のある商品と人材をそろえることが大事ですが、これがかなり大変です。でもいろいろと恵まれたおかげで、すべてがスムーズに動きました。いずれ中国本土でも代理店契約を取りたいと考えているので、それを見越して中国市場に精通しているスタッフも入れています。
 
——今の自転車需要をどうみていますか。

 健康的でいたいという人が増えているので自転車ビジネスは伸びていると思います。香港は坂も多く道路事情も良くない場所もありますが、MTRでは自転車の持ち込みが可能になったので週末に自転車を持って郊外に行く傾向も出ていますね。
 
——認知度を高めるための活動は?

 香港では非営利団体主催のチャリティーイベントなどが多いのでストライダーを持って積極的に参加しています。試乗会も行い売り上げは団体に寄付しています。ウェブサイトなどから発信するのも楽なんですが、まだ香港でなじみが薄いからこそ自分から行動を起こして知ってもらいます。今後はレース、試乗会と即売会を月1度の割合で開催したいですね。6、7月にストライダーカップの香港での開催も決まっています。
 
——香港に来る前からいろいろなビジネスをしていたそうですね。

 20代のころ日本でアパレルのショップ店員をしていたんですが、モノを売ったり接客しているうちに自分の店を持ちたいと思って25歳の時に独立したんです。それが自分でビジネスを手がける最初でした。何かをしたいというより一人で何かやってみたいという気持ちのほうが強かったんです。当時ちまたでは東南アジアの雑貨がはやっていたので、この流れに乗ろうと。タイにビーズの材料を仕入れに行ってアクセサリーを作って販売しました。その後は資材とかアクセサリーの卸会社を香港につくりました。こうした経験は今も大いに役立っています。
 
——独立するときに大変だったことは?

 特に卸売業では工場を探すのに苦労しましたね。納得いく工場をみつけたときの喜びは計り知れません。そこから生まれる商品が顧客獲得につながりますから。小売店での立ち上げの時もそうです。品ぞろえや店の空間づくりへのこだわりはもちろん、最終的には質の高い接客を提供できるよう人材を育てることがビジネスを軌道に乗せる大きな鍵だと考えています。
 
——新たなことに挑むときに大切なことは何ですか。

 こだわりと自分のスタイルをもって一切の妥協をしないこと。ビジネスを始めたらいろいろな壁に当たりますが、その中で自分ができることとできないことは素直に認めるのも大切だと感じています。でもそれ以上に男女、年齢、国籍の違いを感じさせない香港という環境が良かったのかもしれません。自分の可能性が未知数だということを感じさせ、いつも何かに挑戦していきたいと思わせてくれるところです。
(このシリーズは月1回掲載します)
 


【楢橋里彩】フリーアナウンサー。NHK宇都宮放送局キャスター・ディレクターを経てフリーに。ラジオDJとして活動後07年に中国に渡りアナウンサーとして大連電視台に勤務。現在はイベントなどのMC、企業トレーナー、執筆活動と幅広く活躍中。