香港ポスト ロゴ
Google:
  サイト内 google
  ホーム
  読者の広場
  クラシファイド
  配布先一覧
  バックナンバー
   
 
 
 
 
最新号の内容 -20161219 No:4093
バックナンバー

市民43%が未成年での飲酒経験

 衛生署の調査によると、未成年のころに飲酒したことがある人は43%に上ることが分かった。12月16日付香港各紙によると、同署は18~64歳2500人余りにアンケート調査を行い、うち飲酒経験を持つ1630人から回答を得た。回答者の43%が初めて飲酒したのは未成年のときだと答え、うち26%は小学校4年から6年の時に試したことがあると答えた。また、3%が暴飲したことがあると答え、数時間内にアルコールを5缶以上飲んだことがあるという。初めて飲酒した年齢が若ければ若いほど暴飲傾向があることも明らかになった。回答者の66%が毎月1回以上暴飲しており、64%が毎週3回以上暴飲しており、その双方いずれも18歳になる前にお酒を飲んだことがあった。また、身近な人物が青少年の飲酒に影響を与えていることが分かった。保護者が子供にアルコールを買いに行かせたり、自宅でアルコール飲料の開封をさせたり、コップにつがせるなど自宅での接触が飲酒への誘惑につながっているようだ。【関連記事】http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=15801