香港ポスト ロゴ
Google:
  サイト内 google
  ホーム
  読者の広場
  クラシファイド
  配布先一覧
  バックナンバー
   
 
 
 
 
最新号の内容 -20160916 No:1463
バックナンバー



 

 6月16~19日に開催された香港最大の旅行見本市「ITE&MICE Hong Kong」。今回はおよそ50カ国・地域から600企業・団体が出展した。訪日客が年々増加の一途を辿る香港は、今年の訪日客数は180万人を見込んでいる。今回、日本ブースからは42企業・団体が出展し観光をアピールした。
 

ITE&MICE 
HongKong(後編)

インタビュー①
Telecom Square HK Limited
総経理 長谷川慎太郎さん

Telecom Square HK Limited 長谷川慎太郎さん

 Wi-Fi商品を取り扱うTelecom Square HK Limitedは今回初参加だ。「日本への旅行のトレンドがどんどん高まっているのを実感している」と長谷川氏。以前にタイの旅行博に出展したことがあるが、その際は関係者やバイヤーらがフライヤーをすべて持っていくことが多かったのに対し、香港では熟読して必要なものだけを持っていくそうで、日本の旅事情に成熟しているのを感じるという。

 設立4年目のTelecom Square HK LimitedのWi-Fi利用者は、香港人客が9割。この4年の市場動向を伺った。「設立した当時はWi-Fiそのものの認知度が低く香港市場に参入したので物珍しさですぐに流行り、旅行会社、航空会社に浸透していったが、同時に「儲かるビジネス」として見様見真似をする地元企業が一気に増えていった。価格競争が激しくなっているのが香港市場の現状」と話す。だからといって「日本ブランド」としてサービスの質を落として安価での提供はでなく、あくまで「高品質で安心価格」を目指して展開している。他社との差別化は24時間体制のサポート。「Wi-Fiをレンタルして終わり、ではなくご利用されている以上、旅行そのものを弊社の商品を使って楽しんでいただくことが大切」。例えば急に使えなくなった時なども、24時間いつでも連絡すると対応する。場合によっては宿泊先に新しい商品を届けに行く場合もあるという。

 「日本での旅行そのものをサポートしていると気持ちで対応しています。ささいなことですが、年々ご利用者が増えているのは嬉しい」。今後は、日系旅行会社などが特定地域をプロモートする際にタイアップすることを検討している。日本ブランドとして誇る「商品の高品質」と「サービスの質」。価格戦争に負けずに展開していく。

 

インタビュー②
香港テレビタレント・関西観光大使・日本夜景応援大使 Rieさん

 
 新選組のコスプレで登場、一際目立っていたタレントのRieさん。普段から、番組の撮影などで日本全国各地を飛び回っているRieさんだが、こうしたなかで香港人の旅行の傾向、トレンドなどをどう見ているか伺った。

タレントのRieさん

 「以前だと香港人はとても都会的で都市型の旅行を楽しむ傾向があり、日本の最新ファッションをチェックしたり、日常用品を購入するなどを都心で済ませて楽しむ傾向があったが、個人旅行の増加とともに、リピーター率が高まり新たな場所を求める人が増えた」とのこと。面白いことに「のんびり」が苦手と感じていた香港人がむしろのんびりする時間を楽しみ、あまり知られていな秘境の地などに行く人も多いのだそう。

 10年続く人気番組「Go!Japan TV」では、タレントリポーターとして日本国内の様々な場所を紹介。時にはガイドブックに載っていない、自身も知らない場所に行くこともある。「仕事を通して改めて日本は、日本人が思っている以上に素晴らしい場所が沢山あること。海外に住み、外国人に日本の素晴らしさを気づかせてもらうことも多い」。視聴者からは番組で取り上げてほしい場所のリクエストが寄せられるたびに、日本の未来、可能性を強く感じると言う。「番組や雑誌を通して、もっと魅力を発信していきたいですね」


インタビュー③
香港エクスプレス

香港エクスプレス石垣ルート就航セレモニーの様子

 イベント初日の16日にはLCC(格安航空)の香港エクスプレス航空は、夏の旅行シーズンに合わせ、石垣島と香港を結ぶ路線を開設した。会場の香港エクスプレスのブースはお祝いムードに包まれ、地元沖縄の踊りや、関係者によるスピーチなどが行われた。

 両都市を結ぶ直行便をもつ航空会社は香港エクスプレスだけだ。これまで石垣島から香港に行くためには、東京や那覇に一度向かってから国際線に搭乗しなければならなかったが、今回の新路線開設により、簡単で、価格も安くなることで、香港からの旅行客は勿論のこと、石垣島の乗客の方にとっては香港へのアクセスが容易になった。定時運航率(OTP)の香港ランキングで常にトップであり、日本でも人気の高いLCC「香港エクスプレス」は、低運賃、ベスト・イン・クラス、定時運行、安全性に重点的に取り組み、香港およびアジア地域の航 空業界に革命をもたらしている。また、航空会社の安全性などの格付けを行うエアライン・レイティングス(AirLineRatings.com)からは、安全性について最高の7つ星という評価を獲得。最も安全であるとの評価を受けた LCC10社のうちの1つとなっている。現在、アジアの人気24都市を結 んでおり、その後は7月6日には高松線が就航(週3便)、鹿児島線が7月11日に週4便で就航したばかり。香港と日本の距離がますます近くなる。
(このシリーズは月1回掲載します)
 

【楢橋里彩】フリーアナウンサー。NHK宇都宮放送局キャスター・ディレクターを経てフリーに。ラジオDJとして活動後07年に中国に渡りアナウンサーとして大連電視台に勤務。現在はイベントなどのMC、企業トレーナー、執筆活動と幅広く活躍中。
ブログhttp://nararisa.blog.jp/