香港ポスト ロゴ
Google:
  サイト内 google
  ホーム
  読者の広場
  クラシファイド
  配布先一覧
  バックナンバー
   
 
 
 
 
最新号の内容 -20150508 No:1430
バックナンバー

 

 

こだわりのカフェ遠方からの客も

 

 経済のグローバル化が進む中、自らの組織のために粉骨砕身するリーダーたち。彼らはどんな思いを抱き何に注目して事業を展開しているのか。さまざまな分野で活躍する企業・機関のトップに登場していただき、お話を伺います。 (インタビュー・楢橋里彩)

カフェ「FILTERS LANE」
ディレクター 加藤茂伸さん

【プロフィール】 1979年スイス生まれ。2002年国立名古屋大学法学部卒、04年4月岡谷鋼機株式会社入社。07年岡谷鋼機香港有限公司赴任。11年10月HKD Gateway Co., Ltd. 設立 asiri-coffeeブランドにてコーヒーの焙煎をスタート。14年8月岡谷鋼機香港有限公司退職、同年9月にHKD Gateway Co., Ltd. 取締役就任。15年2月香港人パートナーと共同でFILTERS LANEをオープン。

 

 ——2月にグランドオープンしたカフェということですが、とってもおしゃれな内装ですね。

 ありがとうございます。空間作りはかなりこだわりました。焙煎した鮮度の良いコーヒーを飲みながらひとときの時間を楽しんでいただきたいという思いでオープンしました。
 

——エントランスにある大きな焙煎機が目を引きますね。

 なかなか焙煎風景を見ることはないと思うので、お客さまにも楽しんでいただけています。当店が使用している焙煎機は「半熱風式」と呼ばれるものです。生豆に直接火や熱風を当てずに、じっくりと熱を与えることで、豆がきれいに膨らんで均一に焼くことができるのが特徴です。
 

——じっくりというのは?

 豆の種類にもよりますが10〜13分くらいかけて焙煎します。こうすることで生豆の中の糖類や脂質類、クロロゲン酸類などさまざまな成分が釜の中で変化し、香り、酸味、甘味、苦味、コクといった生豆の持っている特徴を引き出していきます。
 

——何種類の豆をおいているのですか。

 日によって違いますがオリジナルブレンドのASAGIやSANGO、浅煎りのエチオピア、深煎りのコロンビアといった焙煎度合の異なる豆などを常時6種類程度取りそろえています。ほかにも軽食としてスクランブルエッグをメインとしたプレートやサンドイッチ、自家製ケーキなどを提供しており、特に朝食のクロワッサンは人気ありますね。
 

——中環ですと賃貸料が高いと思うのですが。

 現在は香港人のビジネスパートナーの努力の甲斐もあって、いろいろな面でコストを抑えることができています。実はオープンするにあたってのパートナー探しに苦戦しました。方向性の食い違いなどで話がなくなったことがありますし。パートナーとの相性の大切さが身に染みています。ほかにもライセンスがなかなかおりなくて大変でした。
 

——たとえばどんなことですか。

 食品衛生法に基づいた営業許可の手続きが香港はとても厳しいんです。消防関連の設備、水周りのコンセントの位置など、いろいろな部局から指示を受けました。一番印象深いのは床の色について指摘され、出来上がった床の色をすべて変えたことです。許可がすべておりるのにおよそ1年かかりました。
 

——そんなにかかったのですか。

 思った以上に細かいチェックで参りました(笑)。その間ソフトオープンしていたので、完ぺきな空間じゃなくともお客さんは来てくださいました。中環という場所柄なのか平日は特に欧米系のお客さんが多く、週末は遠方からわざわざ来られる方もいます。コーヒー通も多いので掘り下げた質問を聞かれることもありますよ。
 

——例えばどんな?

 ペーパードリップとフレンチプレスで入れた時の味の違いを説明したり、それぞれの豆の特徴を詳しく聞かれたり。お客さまからのさまざまな疑問にも分かりやすく答えられるよう、私たちもコーヒーについての知識と情報のアップデートが欠かせません。
 

——ここ数年香港では「カフェブーム」によって急激にカフェ増えていますが、この流れをどうみていますか。

 中環、上環エリアでも3、4年前と比べると単にカフェが増えただけでなく、淹れ方にこだわりを持っていたり、珍しい豆を使っていたり、カフェごとに特色があります。また香港ローカルの生豆輸入業者の質も上がってきています。これはコーヒーを楽しむ文化が香港でも根付いてきたのかなという印象を持っています。自分たちのスタイルを追求していく刺激にもなりますし、コーヒーを飲む習慣が広まることは、自分たちにとってもポジティブな影響があると確信しています。今後、コーヒーの面白さを知っていただくためにも淹れ方や何種類かの豆の違いを楽しむ「効きコーヒー」などの講座を検討しています。リラックスした時間を過ごしていただきながらも、店を通して街にカフェ好きの人たちが自然に集う風景を作れたらと思っています。

(この連載は月1回掲載します)

 

【楢橋里彩】フリーアナウンサー。NHK宇都宮放送局キャスター・ディレクターを経てフリーに。ラジオDJとして活動後07年に中国に渡りアナウンサーとして大連電視台に勤務。現在はイベントなどのMC、企業トレーナー、執筆活動と幅広く活躍中。
ブログ http://nararisa.blog.jp/